IAMとは?

IAM=

Interbrain(間脳)Activation(活性)

Method(療法)

 

IAMは、プラクティショナーの誘導で効果的に最大限に間脳エネルギーを活性化させていく療法です。

 

IAMでは、まず今までの身体の使い方などで硬くなった身体を安全安心な方法で芯からゆるめていきます。

 

身体を芯から緩めることで、身体の痛みが軽減し、身体が整っていきますが、これがゴッドハンドと呼ばれる治療家たちが行っていることなのです。

 

そして、IAMでは、それにプラスして緩んだ身体へ間脳エネルギーを活性化させて流していきます。

 

間脳を活性化させるために、的確なポイントで、頭を回転させたり、口を開けたり閉じたりという「あくび」の動きを繰り返していきます。

 

それによって、頭蓋骨の要の骨「蝶形骨」を整え、間脳(脳幹)・松果体活性化して、頭の中央から間脳エネルギーが放射状に広がり、身体の中心部から末端へと流れていくのです

 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) より 松果体を追加

蝶形骨

画像は、Life Science Databases(LSDB)のAnatomographyというサイトより。

 

 

自分自身の力で、自分自身のエネルギー(間脳からのエネルギー)を高め、そのエネルギーが全身に流れ始めることで、身体への肉体的な変化を促すだけでなく、精神的な変化や、エネルギー体、意識の広がりにまで影響を与えていきます。


身体の生命力、可能性が目覚めていき、あなた本来の力が引き出されるメソッドです。

間脳には、まだまだ解明されていないことが多く、まさに可能性の宝庫です。


IAMは、プラクティショナーの誘導とあなた自身の力により、自分本来の輝きを取り戻し、あなたらしい人生を創造していくメソッドです。

 

 

 ≪脳幹(間脳)とは?≫
脳の一番奥に位置する最も古くからある脳で、生命の維持や本能を司り、心臓の拍動や呼吸などの自律神経系、ホルモンの調節などの内分泌系、免疫系、姿勢や筋肉のコントロールなど、生命を維持するためのコントロールセンターです。

まさに“生きるための脳”であり、自然治癒力の源と言える部分です。


このように重要な役割を担った脳幹ですが、現代人の多くは、大脳の働きや、消化活動などにエネルギーを奪われていて、脳幹の機能が低下した状態にあります。
  

≪IAMによって期待できる効果≫
○自然治癒力が高まる
○重心のバランスが整う

○骨格系・関節の歪みが整う

○筋肉の緊張が緩み、無駄な力みがなくなる

○関節に柔軟性が出る

○内臓機能の活性化

○基礎体温の上昇

○睡眠の質の向上

○疲労感の消失

○食欲の適正化
○精神面の安定(心のバランスが整い、ネガティブ思考からポジティブ思考へ)

 

 

IAMとライオンあくびを効果的に組み合わせる≫

IAMを自宅で一人で簡単にできるのが「ライオンあくび」です。

 

ライオンあくびクラスで正しいやり方、コツなどをお伝えしています。

 

何回かプラクティショナーの施術を受け、間脳の活性化率を高め、コツなどを覚えて、間脳が活性化した身体の状態などを体感していただけるとより効果的です。 

 

私自身、自分で本を読んでやっていたライオンあくびもその効果は確認できてましたが、実際にIAMを受けた効果とは全くレベルが違っていました。

 

ライオンあくびは、自分で、自宅で、何の道具も使わずにできます。そして安心で安全な健康法です。

 

間脳活性の階段を一歩一歩登るのがライオンあくびです。

そして、間脳活性の階段をエレベーターで上がっていくIAM。

 

自分自身の力で、自分のエネルギーを目覚めさせ、体と心を本来の自分の姿へ導いていきます。

 

 

より詳しく知りたい方は、下記HPへ。

 

 

ライオンあくび体操のIAM